2017年8月夏・編集発行・野尻湖フォーラム

野尻湖と国立公園の関わり

環境省戸隠自然環境事務所
自然保護官 梅田実生子, 自然保護補佐官 前田久美子

■国立公園としての野尻湖の歴史はいつからか?

 国立公園野尻湖としての歴史は意外と古く、昭和31年(1956年)に上信越高原国立公園として指定されたのが始まりです。戦時中に国民の体力向上の観点から、人口の多い地域に国立公園を配置することが検討されており、その候補地として挙がっていた上信越高原国立公園(菅平、万座、谷川、志賀高原地域)は、戦後直後の昭和24年(1949年)に指定されました。その後、野尻湖を含む妙高・戸隠地域が昭和31年7月10日に上信越高原国立公園に編入されます。 ⟩⟩⟩

野尻湖畔
緑・水・風の空間

 


文頭へ次へ