2017年8月夏・編集発行・野尻湖フォーラム

野尻湖ナウマンゾウ博物館のリニューアルに向けて

野尻湖ナウマンゾウ博物館
学芸員 渡辺哲也

 そのため、将来の博物館像を地域や関係する団体の方々に考えていただくため、野尻湖ナウマンゾウ博物館構想策定委員会を2015年(平成27年)に設置し、10名の委員によって4回の議論を経た後、答申書「地域に根ざした持続可能な博物館活動をめざして」に提言等をまとめていただきました。この内容については野尻湖フォーラム56、57号を参照してください。そしてこの答申書の内容を具体化するためにコンサルタント会社に委託して作成したのが「地域と協働する野尻湖ナウマンゾウ博物館構想」で、その中には大まかに建物の増築、改修案が掲載されました。この案では2016年から2025年までの10年間で数億円をかけて増改築等の整備をおこなう計画になっていて、実際にはいつ、どの程度できるかは全くの未定の状況でした。 ⟩⟩⟩

博物館
改修工事を待つ博物館

 


文頭へ前へ次へ