2017年12月冬・編集発行・野尻湖フォーラム

「国立公園 野尻湖」のこれから

環境省戸隠自然環境事務所
自然保護官 梅田実生子, 自然保護補佐官 前田久美子

 国立公園全体のことを話し合う協議会があるというのは、実は全国的にも先進的な取組です。国立公園は複数の県や市町村にまたがっていることが多いので、普段は関わらない関係者が集まる場であり、さらに「官」と「民」が同じテーブルで話をする場は今までありませんでした。「官」は林野庁、県、市町村など、「民」は国立公園を普段フィールドとして利活用している、観光協会、博物館や山岳関係の方などが協議会の構成員になっていただいています。行政だけではできない発想や視点を取り入れ、それを実現することにより、国立公園を盛り上げていくことがねらいです。

 ○設立総会の内容
http://chubu.env.go.jp/nagano/pre_2016/post_20.html

 ○AR日記で協議会の様子は逐次更新しています♪ ぜひご覧下さい!
http://chubu.env.go.jp/blog/myokotogakushi/index.html

 検索ワード:アクティブ・レンジャー日記(中部地区)

〜3つの部会〜
 妙高戸隠連山国立公園の目指すべき方向性として「ビジョン」を決めました。ビジョンの実現に向けて、早急に取り組むこととして3つの“専門部会”を立ち上げました。それぞれの部会で進め方や取組内容を検討しています。部会は取組に応じて新設や廃止を行っていきます。 ⟩⟩⟩

 


文頭へ次へ