2017年12月冬・編集発行・野尻湖フォーラム

野尻湖ナウマンゾウ博物館
2018年3月20日リニューアルオープン


 リニューアルにより壁ができて室内となる階段・エントランス部分の壁が、ゾウの進化をテーマにしたアーティスティックなパネル展示で飾られるそうだ。信濃町在住のアーティストが今、試作している。4500万年前のゾウの起源から現代のゾウまで、どう描かれるのか。博物館の本展示への導入展示としての役割を担う。

 そして、1階にできるカフェの壁には現在の野尻湖周辺の町並みとゾウをテーマに大きな壁画が描かれるという。今、原案を考えていて、オープン前に一気に描き上げるのだそうだ。

 いずれも若いアーティストたちが手掛ける。若い感性とリニューアルする博物館、地域の人たちとの協働のひとつだ。地域の核として、訪れる観光客はもとより、住民にも親しみを持って受け入れられる博物館であることが重要だ。

 3月20日にはオープンセレモニーが予定されている。無料開放、体験ミュージアムで遊んでもらうなど、まだ詳細は未定だが、決定次第、広報される。遠方の方は野尻湖ナウマンゾウ博物館ホームページで確認して欲しい。(文責 編集部)

 


文頭へ前へ次へ