2017年12月冬・編集発行・野尻湖フォーラム

電報閑話

文と写真 小林力

Oohondo
大本道集落

 出稼ぎの人たちの仕事は色々あったようで、炭屋の番頭、紐売り、洗濯屋の下働き、米屋の配達など、行き当った店が職場になったようです。

 村からの出稼ぎの彼は、何の仕事に就いていたのかは定かではありませんが、不幸にして身を病んでしまったそうです。案じた兄が弟の働いていた店を訪ねました。弟は衰弱しきっていて、兄の顔を見ると一言 ⟩⟩⟩

 


文頭へ前へ次へ