2018年7月夏・編集発行・野尻湖フォーラム

野尻湖ナウマンゾウ博物館 第33回特別展
「ヤベオオツノジカとヘラジカ」

野尻湖ナウマンゾウ博物館 学芸員 関めぐみ

野尻湖では、若いシカから大人のシカまで幅広い年齢のシカがいたことがわかります。特に太い角幹は、野尻湖発掘の象徴ともなっている月と星の「星」にも見立てられているヤベオオツノジカの掌状角につながります。ヤベオオツノジカは国内の各地で見つかっていますが、1か所でこれほど多様な化石を見ることができる場所はなく、野尻湖はナウマンゾウだけでなく、ヤベオオツノジカの研究でも、とても貴重な場所となっています。

期間 平成30年7月14日(土)〜11月30日(金)
会場 博物館3階特別展示室

ヤベオオツノジカの角
ヤベオオツノジカの角

 


文頭へ前へ次へ