2018年7月夏・編集発行・野尻湖フォーラム

孫の日記

文と写真 小林力

「どなたかの家で悪戯をして、ワナで捕らえられて遠くに行って放されたのではないかと思っていました。猫は箱にでも入れてくるくる回されれば方向感覚がなくなってしまうそうですから、家に帰れなくなったのではないかと思っていました」
「2匹ともいないのですか?」
「はい。2匹ともいなくなりました。餌が袋に半分残ったままです」

「何気なく思って、妻と話していたんですが、最近、家の近くでも狐を多く見かけるのです。だから狐に食べられたのではないかな、と」
「狐は猫を捕らえますか?」
「猫は野うさぎと同じくらいですから、2匹とも狐に捕らえられて食べられたのしょうね。
 もう何年も前になりますが、営林署で植樹した木々の若芽を野うさぎが食べるということから、野うさぎの駆除に狐を多く放したんです。  ⟩⟩⟩

キツネ
庭に来た親ギツネ

 


文頭へ前へ次へ